Monthly Archives: June 2014

過払い金とは?

過払い金というのは、本来払う義務のない法外が利息を支払った場合に、完済したあとでも10年以内なら多く支払った分を返してもらうことができます。
現在は貸金業法が改正されているので、貸金業者は法律で定められた利息の範囲内で利息を設定しているので、法外な利息を設定する事もなくなっています。
しかし貸金業法が改正される以前は、法外な利息を設定しそれを当然のように請求していた業者も多く、これはいわゆる悪徳業者と呼ばれる業者が多くなります。
貸金業者として登録をしている業者の中にも、今より高い利息で設定していた場合は、完済後でも過払い金と認められれば、後から返還請求をすれば多く支払った分を返してもらうことができます。
金額によっては何十万円も返って来るケースもあるので、これを知らずにいるとかなり損をしたままになりますし、知っていても面倒だからと放置してしまうと結局損になります。
弁護士などに経費を支払ってもプラスになる事もあるので検討してみましょう。